YouTube

手振れ補正機能なしカメラ×ジンバルでVLOG撮影が楽しくなった話

私たちは夫婦でYouTubeをやってるのですが
VLOGに対して苦手意識がありました。

他の方の魅力的なVLOGに対して
どうしてもつまんない動画になってしまうんです。

その理由の1つに
カメラに手振れ補正機能がないので
動きのある画が撮れないと
いうのがありました。

ジンバルを購入してみたら劇的に世界が変わったので
記事にまとめてみました。

私たちが使ってるSONY α6300は手振れ補正機能がない

私たちが所有しているカメラには手振れ補正がついていないので
手に持って撮影するとブレが出てしまい使えないことが多い。


<ちなみに僕たちが使ってるカメラはこれ>

SONY α6300を購入した理由
  • ミラーレス一眼が良かった
  • 安心のSONY製
  • 型落ち品でかなり安い

撮影の仕方としては
三脚を立てて、カメラを取り付けて、
あとは撮影しっぱなしという感じですね。

かと言って、定点撮影は
画があまりにも単調でつまらない。

ぶっちゃけiPhoneの方が手振れ補正の面で優秀

それでもカメラで動きながら撮りたい時は
iPhoneを使ってました。

せっかくカメラ買って付属部品買って
三脚まで買ったのに結局スマホに頼るという・・・


でもそのくらいiPhoneは優秀です。

ある程度手振れを補正してくれるし
YouTube動画くらいならこれ1つで全然撮れちゃうレベルです。

それでもカメラで撮影したい理由

それでもやっぱり餅は餅屋。
動画はスマホじゃなくてカメラで撮りたいと思うわけです。

理由
  • 画質が良い
  • 単焦点レンズを使うことで雰囲気がでる

いつも使っている愛用のレンズはこれ。

単焦点のレンズを購入してから
動画や画像を撮影する楽しさが少しわかってきたかもしれません。

手振れ補正なしカメラ×ジンバルがコスパ最強かも

結局いきついた結論が
「手振れ補正機能がないならジンバル買えばいいじゃん」でした。

ジンバルは割と高いので敬遠していたのですが
結果的にはもっと早く買っておくべきだったと思っています。

私たちが愛用しているのはこれ。

確かにジンバルは高いのですが
手振れ補正なしの型落ちカメラ+ジンバルを購入しても10万ちょっとで買えちゃいます

最新の手振れ補正機能つきカメラを買うよりかなり安いので、個人的にはこの買い方も悪くないんじゃないかと思います。

外でVLOG撮影するならジンバル必須

ジンバルを購入してから
外で撮影をしたり動きのある動画を撮るのが楽しくなりました。

ジンバル自体が三脚代わりにもなるし
モーターで好きな方向にカメラを向けることもできるので
めちゃくちゃ便利です。

実は室内でも毎回使ってます。

まとめ

  • 手振れ補正がないカメラはジンバルとの組み合わせで使おう!
  • ジンバル自体は高価だけど購入したら世界が変わる!おすすめの商品
  • 手振れ補正なしカメラ+ジンバルで購入しても、最新スペックのものよりかなり安く購入できる
  • ジンバル1つあれば外でも室内でも撮影が楽になる
ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
夫婦2人(goとmanami)で「田舎暮らしのススメ」としてこのブログを運営しています。 仕事、生活、資産運用まで田舎で戦略的に生きるため、多角的な発信をしていきます。 YouTube、ラジオ、各種SNSもやってるのでチャンネル登録宜しくお願いします。