YouTube

YouTube投稿用機材 まとめ

撮影機材

YouTube投稿をする上で、
まずはカメラが必要になってきます。

私たちが使用しているカメラを紹介します。

メインカメラ

メインで使用しているのは
SONYのα6300という機種です。


なぜこの機種を選んだかと言うと

  • 好きなYouTuberがSONYをよく使っていた
  • αの6000番台シリーズであれば価格帯が手頃だった
  • 中でも6300は型落ち品で安かった
  • ミラーレス一眼は持ち運びの面でもギリギリ許容範囲

カメラには全然詳しくないのですが
自分なりに色々と調べた上で
財布と相談しながらα6300に決めました。

お金に余裕がある人は
最新のα6000番台シリーズを購入してもいいかも。
手振れ補正なんかが付いてて僕も欲しいです・・・
もっと上位機種が欲しければα7シリーズがありますね。


カメラを購入して色々と撮影していると
物足りなさを感じてきます。



そしてネットで調べていると
「単焦点レンズを買え」と
やたらと勧められます 笑


いくつかレンズを購入してみたのですが
YouTube動画を撮影するときは
このレンズしか使ってません

私たちは家のDIYをメインに撮影しているので
それなりに広い画角が必要になります。

このレンズであれば部屋全体が撮影できるので
好んで使っています。


また、撮影していると
音声のショボさを感じることがあります。

Amazonのレビューをみて
あわせてこのマイクを使っています。

サブカメラ

結構な割合でiPhone11を使って撮影しています。
(下リンクはiPhoneケースですが)

と言うのも、α6300には色々と弱点があって

  • 手振れ補正が付いていない
  • 広角レンズのも限界がある
  • やっぱり持ち運びの面で結構辛い

iPhone11はこれらの弱点を全て補ってくれる
めちゃくちゃ優秀な撮影機材です。




移動しながら撮影したいとき
カメラではおさまらない広角で撮影したいとき
気軽に外で撮影したいとき

サクッとiPhoneを出して撮影しています。



自撮り棒を使うとちょっと楽になるのでおすすめ。

アクションカメラ

もともと私(夫の方)の趣味がバイクと釣りなので
そういったシーンを撮影することもあるかと思って
アクションカメラを購入しました。

ただ、最近は全く出番がありませんね・・・笑

マイク

音声配信や、動画にセリフを入れる際には
マイクを使用しています。

このマイクはUSB接続で
PCに挿すだけで使えるのでおすすめです。

編集環境

メインPC

メインPCはiMac2020の27インチディスプレイです。
SSDの容量をオプションで1TBに上げてます。

メモリの増設については
自分でやりました。



アップル公式のオプションでメモリ増設をすると
かなり高価になってしまうので
メモリだけは自分で増設するのがおすすめです。

サブPC

もともとはMac Book Proがメイン機だったのですが、
動画編集などの面で不安があったのでiMacを購入。


こちらはサブ機になりました。

ノートPCで作業をしていると腰が痛くなったり
肩が凝ったりしていたのですが
PCスタンドを使うようになってからは
かなり体の状態が改善しました。

PCスタンドは馬鹿にできない商品だと思います。

Appleは良い意味でも悪い意味でも先進的なので
Mac BookにはUSBポートさえついてない・・・


こういったハブを購入する必要があります。

また、Mac Book ProはSSDの容量が小さいので
外付けのHDDやSSDを購入してきて
データをこまめに移動する必要があります。


未だに外付けのものはHDDを使用しています。

SSDはどうしてもまだまだ高いですね・・・

YouTubeを始めるにあたって

私たちが使用している機材を紹介しました。


そんなに大したものは持っていなくて
映像クリエイターなどからしたら
これがあった方がいいというモノはいっぱいあると思います。


何の分野でもそうですが
【モノは揃え出したらキリがない】
だと思います。


好きな映像のYouTuberさんが
使用している機材を調べて購入してみるのもいいですが、
私の感覚では

まずはスマホ1台あればOK

これに尽きます。

これからYouTubeを始めたい方は
まずはお金をかけず手持ちのiPhoneで撮影してみるのがベストです!


ソフトもフリーアプリがあったります。


はっきり言って
私たちもiPhoneだけで一本の動画撮ったりしますから・・・

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!