散髪代を浮かせて投資! 結果をシミュレーションしてみた|田舎移住DIY夫婦のブログ
投資・節約

散髪代を浮かせて投資! 結果をシミュレーションしてみた

資産運用を始める上で
¥5,000を増やすよりも¥5,000節約する方が
圧倒的に簡単
です。
私も節約することの大切さを肌を持って実感しています。

固定費だけでなく、
他にも削減できるところがあるのではないかと考えたときに、

go

髪の毛セルフカットするとかどうだろう

といった考えが浮かびました。
高校時代はお金を浮かせるためによくセルフカットしてましたし、
自分でもいけるんじゃないかと。

すぐにカット用のはさみをポチりました。
初期投資は仕方がないと目を瞑りました。
とは言え、¥3,000程度で買えるので、
1回の散髪代で元が取れるやん・・・と思ってしまいました。

意外とこういったことを器用にやるので、
セルフカット後に嫁さんに見せたところ、

manami

めちゃくちゃ上手いやん。よく切れるな。後ろの方とか。

というお褒めの言葉を頂きました。
ポイントはちょくちょく全体を手で触りながら、
長さを確かめつつ切っていくことですね。

どうしても自分で出来ないところだけ、
家族にやってもらうのもありですし、
何なら家族に全任せもあり。

話が逸れそうになっていますが、

今回は、
もし散髪代を浮かせて投資にまわしたら、
どれくらい運用効果があるのかシミュレーションしてみたいと思います。

1年でどれくらいの節約効果があるの?

まずは散髪代が浮いたらどれくらいの節約効果があるのか、
計算していきましょう。

go

僕の場合は散髪代が1回あたり¥4,000くらいです。

ということは月に1回散髪をするとした場合、
¥4,000 × 12 = ¥48,000
1年間散髪代を浮かせると¥48,000のお金を節約できることになります。

そう考えると結構なお金を散髪代で使っていたことがわかります。

浮いたお金を投資にまわした時のシミュレーション

次に、その浮いたお金を全て資産運用した場合、
どうなるかをシミュレーションしていきます。

投資方法としては年利5%を目指した
高配当株式投資をおすすめします。
誰もが名前を知っているような
お爺ちゃん企業に投資して配当金をもらうイメージです。

それ以上大きな年利を狙って投資をすると、
投機やギャンブルといったことにもなり兼ねません。

株式投資は【SBIネオモバイル証券】
運用されるのをおすすめします。
証券会社を調べると楽天証券やSBI証券がヒットしますが、
基本的に100株での投資となるので、
数百万円の資金がない投資を始めることすらできません。
SBIネオモバイル証券であれば1株から購入可能なので、
私たちのような一般人でも少額から投資が可能になります。

有名なリベラルアーツ大学両学長
【SBIネオモバイル証券】を使った高配当株式投資をおすすめされています。

計算は¥48,000を年利5%で運用し、
コツコツ15年間積み立てた場合を想定しています。
年利にも金利がつく複利の効果も得られますので、長期的に運用すればするほど資産が増えていくことになります。

シミュレーション結果がこちら。

15年運用することで、
元本72万に対して複利の効果により
資産が100万円を超えることになります。

複利を味方にした割り切った投資をした場合

もっと効果的に資産運用をしていくためには
複利を味方につける必要があります。

より大きなお金をより長く運用した方が、
資産が増えていくことになります。

そのため、こういったシミュレーションをしてみます。

go

15年間、散髪は家でやることにして、
浮くであろうお金を先に投資する!

72万円をいきなり投資にあてるとした場合の
シミュレーション結果がこちらです。

なんと14年の運用で約2倍になるという結果に!

ちなみに72の法則と呼ばれる法則が存在します。
資産が倍になるまでのおおよその年数が計算ができます。

72 ÷ 金利 =資産が倍になるまでの年数

今回でいうと、72 ÷ 5(%) =14.4(年)
だいたい14年とちょっとで資産が倍になるという計算が
簡単に見積もることができるので知っておくと便利です。

まとめ

今回は散髪代に焦点をあててみましたが、
生活の中でこれを削ることができるのでは?
というのは他にもあると思います。

時間を味方につけて
日頃からコツコツと節約
し、
ただ貯金するのでなく投資先を自分で考えて
資産運用をする
ことで
少しずつ生活が楽になってきます。

この記事を読んでくれた方にとって
株式投資だけでなく、
お金ついて考える機会になれば幸いです。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!