フリーランス

フリーランス必見 開業届の出し方

個人事業主/フリーランスになると
原則として事業開始から1ヶ月以内に開業届を税務署に提出する必要があります。


『開業届を出す』と言うと
すごくハードルが高いように聞こえます。


とは言え、
実際やってみると10分もあれば書類作成ができて
あとはコンビニでPDFをコピーして郵送するのみ。



小一時間もあれば作業が終わります。


開業届の作成方法から提出までを解説していきます。

開業届は会計ソフトfreeeを使って作成すべし

私の場合は、
会計ソフトシェアNo.1の開業freeeを使って
開業届の書類を作成しました。

  • 無料
  • 10分で書類作成可能
  • ガイド付き

おそらくこのサービスを使うのが
一番簡単だと思います。

特に何も考えることなく
簡単に開業届を作成することができたので
そのやり方を共有しますね。

開業届の書類作成方法

開業freeeにアクセスして
『【完全無料】今すぐ開業準備を始める』をクリック

②アカウントを作成
登録方法はメールアドレス、Googleアカウント、
Facebookアカウントなどお好きな方法を選択可能です。

③書類を作成する
必要項目を記入して書類を作成します。

私の場合は、
YouTubeとブログが現在の主な収入源になりますので
その内容をそのまま記入しています。

【補足】
個人事業主は業種によっては
個人事業主税が発生することがあります。

自分の業種が個人事業主税の課税に該当するか
確認しておきましょう。
参考▶️東京都主税局HP

個人事業税は「地方税」であり、
都道府県が徴収します。

個人事業主が事業をする上で
行政サービスを利用していることから、
費用の一部を負担してもらうというものです。

書類が出来たら郵送しよう

ガイドに従って書類の作成が完了したら
書類を印刷して押印した上で
税務署に提出しましょう。

郵送でも受け付けてもらえるので
郵送がおすすめです。

送付するもの

  • 個人事業の開業届出書(控えも一緒に)
  • 所得税の青色申告承認申請書(控えも一緒に)
  • 身分証明書のコピー
  • 返信用封筒(切手を貼って)

1人で事業をする場合
 従業員や家族に給料を支払う場合は提出書類が増えます


あとは控えが返信用封筒に入って
返ってきますのでそれを受け取ります。
控え書類は以降さまざまな場面で必要になりますので
大切に保管しましょう。

まとめ

  • 開業届作成は開業freeeが簡単・無料でおすすめ
  • 開業届は10分もあれば作成できる
  • 税務署に行くのは手間なので郵送しよう
  • 届出の控えは大切に保管しよう
ABOUT ME
DIY-FUFU
夫婦2人(goとmanami)でブログを運営しています。 仕事、生活、資産運用まで田舎で戦略的に生きるため、多角的な発信をしていきます。 YouTube、ラジオ、各種SNSもやってるのでチャンネル登録宜しくお願いします。