DIY

DIYリフォームする上で揃えるべきおすすめの道具【まとめ】

私たち夫婦はDIY素人でしたが
約半年かけて築40年の家をリフォームしました。

今回はリフォームにあたって私たちが購入した工具や道具を紹介していきます。

私たちは家丸ごとリフォームするのに
これから紹介する道具たちを使いました。

初心者の方に向けの内容ですが
これくらい道具があればかなりカバーできると思います。

電動工具

インパクトドライバー

インパクトドライバーはエントリーモデルのこれを購入。
正直、DIYレベルであればこれで十分です。

工務店さんに話を聞いていると
ビットは絶対に替えるべきだとのことで
あわせてビットを購入!


ビットが長い方が隅の方でもビスを打ちやすかったり
真ん中の細い部分が衝撃を吸収してくれるので
ビスがなめたり頭が飛んだりするリスクが減ります。


インパクトにセットで付いてるようなビットを
使っている大工さんはいないと断言できるほど違うらしいです。

あとはセットで使うべきなのがこれ。

マグネットの間にビットを通して使うことで
ビスを落としそうになってもビットが磁石になるので
くっ付いた状態をキープ!

電動丸鋸

丸のこもインパクトドライバー同様
バッテリータイプのものを使用したかったのですが
バッテリー自体が高い!


結局、コードタイプのエントリーモデルを購入しました。

丸のこで垂直に切るのに苦戦していると
工務店さんがこんなものを教えてくれました。

こういったガイドがあれば素人でも割と簡単に
垂直に切断ができるようになります。

木材を切断すると
バリが出るので必ずやすりがけしてます。


ヤスリホルダーはあるとすごく便利。


これも工務店さんが使っているのを見て
購入することにしました。

作業台

知り合いの工務店さんに言われたのが
“作業は足場から”
慌てて作業台を購入しました。

これは¥3,000を切る価格帯で
組み立ても簡単なので
つくりもしっかりしているのでおすすめです。


一般的にはこちらのようなワークレッグを使う人が多いです。
私たちも使っていますが、分解できて持ち運びできるのでおすすめです。
ホームセンターでも購入可能ですし作業台自体をDIYしてもいいですね。

作業着

いつも着ているDultonの前掛けです。
夫婦で色違いで着用しています。

塗料

塗料は屋外か屋内かによって使い分けが必要です。
様々な色があるのでホームセンターで吟味するのが一番です。


ここでは一応お気に入りを紹介しておきますね。
洗面所のドアはアサヒペンのアンティークブルーの
塗料を使って塗っています。

YouTubeで使ってみたところ
問い合わせが多かった塗料です。

あと、BRIWAXを気に入ってて
内装の木材には結構これを使ってます。

ワックスという名の通り
表面にコーティングするイメージですね。

アンティークな風合いが出るのでおすすめ。

室内用漆喰

壁塗りは基本的にアクどめシーラーを下地に塗って
その上に漆喰を塗ってます。

設備

洗面台

私たちは洗面台をDIYで制作しました。
こういうのもAmazonなんかでも普通に売ってるんですよね。

雑貨

Floreat wall hooksは安くておしゃれでおすすめです。

鏡をかけたり花を飾ったりするのに便利。

最近では鏡を掛けたりしました。

今後、私たちが使ってみてよかった商品を
随時更新していきます。

ABOUT ME
DIY-FUFU
丹波篠山市に移住したフリーランス夫婦 | 築40年の自宅と築100年の古民家『base ajito』DIYリフォーム |コーヒー豆と緑のお店開業準備中| YouTube登録者2万人 | ブログ3万PV/月 |