【通信費高すぎ】格安SIMにするだけで固定費が下がった話【結構簡単】|田舎移住DIY夫婦のブログ
投資・節約

【通信費高すぎ】格安SIM(ワイモバイル)にするだけで固定費が下がった話【結構簡単】

大手キャリア(docomo,au,ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える人が多くなってきましたね。
私も先日ソフトバンク→ワイモバイルに乗り換えをしてみたのでその過程を振り返ります。
同じようにソフトバンク→ワイモバイルへの乗り換えを検討されている方は参考にしてください。

乗り換えにかかる費用

解除料金

大手携帯キャリアの契約を解約する際は、いわゆる2年縛りの更新月以外の期間には解除料金(違約金)が発生します。更新月以外の期間にかかる解除料金はNTTドコモ、ソフトバンク、auとも9,500円となっています。
ただ私の場合は、ソフトバンク→ワイモバイルへの乗り換えの際に解除料金をキャッシュバックしてくれました。

ワイモバイル公式ページ

キャリアの転出手数料

大手携帯キャリアで使っていた電話番号を引き継ぎたい場合はMNPの転出手数料がかかります。
MNPは大手携帯キャリア間だけでなく、音声通話に対応した格安SIMでも利用できます。
転出手数料はNTTドコモとauが2,000円、ソフトバンクが3,000円となっています。

転出先の手数料

転出先での手数料が発生します。
ソフトバンク→ワイモバイルの際は転出手数料の転出先での手数料あわせて¥3,000でやってくれました。

端末のローン残金

端末のローンが残っていれば転出時の翌月もしくは翌々月に支払いをする必要があります。
特にローン残金が多い方は注意してください。

月々の利用料

ソフトバンク→ワイモバイルにすることで¥8000→¥4,200と約半額に抑えることができました。
回線はソフトバンク回線のままで、正直ほとんどストレスなく今までどおり使えています。
なぜ今まで変えていなかったのか、と悔やまれます。
ソフトバンクをお使いの人はぜひ検討してみてください。
固定費を下げることに繋がるかと思います。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!