バンライフ

【バンライフの魅力】週末バンライフからはじめてみませんか?

相談者

バンライフって憧れるけど
なかなか踏み出せないな〜

manami

週末バンライフなら気軽に始められるよ!

テレビや雑誌にも取り上げられ、日本でも認知度があがってきた『バンライフ』。

 

旅をしながら生活するという新しいライフスタイルに魅力を感じる人が多いはず。
しかし、家がないのは不安、仕事はどうするの?などと、なかなか踏み出せないのも確かです。

今回は、バンライフよりもハードルが低く気軽に始められる『週末バンライフ』というスタイルを紹介します。


この記事の内容
  • バンライフとは
  • 週末バンライフのメリット・デメリット

バンライフという生き方

週末バンライフのすすめ

バンライフとは

車(バン)を拠点に生活を送るライフスタイルのこと。

*アメリカ出身で、元ラルフローレンのデザイナーであるフォスター・ハンティントン(Foster Huntington)が生み出した造語

場所や時間にとらわれずに、自由に旅をしながら生活するという斬新なライフスタイルに、衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

世界のバンライファー

フォスター・ハンティントン(Foster Huntington)

バンに生活に必要な最低限のものだけ詰め込んで旅を始め、「バンライフ」という言葉を作った人。

この投稿をInstagramで見る

5 years ago, I was driving from Ventura to Carpinteria along the Pacific Coast Highway checking for surf and spotted this VW T3 Westfalia. At the stage in my life, I was spending most of my time lurking up and down the coast of California, surfing by day, stealth camping by night and amassing a near encyclopedic knowledge of hole-in-the-wall Mexican restaurants from LA to San Francisco. As a van dweller, I was always on the lookout for other people living in their vans, and this person's van/drying rack caught my eye. I snapped a few frames of my Mamiya 6, and went on my way. When it came time to lay out Home Is Where You Park It with @victoryjournal, I knew I wanted to use this image for the cover. It conveys so much of what I loved about my time spent living in my van; self reliance, the sense of freedom and discovery of having your own escape pod, and the accessibility of reconnecting with nature (in this case the ocean) on the relative cheap. Every time I look at this photo, it takes me back. The fourth edition of Home Is Where You Park It is now back in stock in my web store (follow the link in my profile or head to store.arestlesstransplant.com) to get a copy before they are gone (I order 1000 at a time and they go fast!) and use the discount code Vanlife10 to get 10% off. #vanlife

Foster Huntington(@fosterhunting)がシェアした投稿 –

manami

写真集も絶大な人気!
とってもおしゃれですよ。

おしゃれすぎるバンライフ

この投稿をInstagramで見る

#2! Continuing the countdown of my four most liked photos from 2018 ✨ and this one may be my favorite. My personal favorite capture on what may have been my favorite day of the year. . .This day I was driving through the Redwoods of Nothern California. The weather was perfect. I found a little pullout onto this rock bed along the Eel River where I hung out for a few hours, had lunch, sunbathed, cleaned up vanna a bit, without any other person in sight. I remember feeling particularly grateful in these moments. It may not have been my most adventurous or captivating day of the year. After all, I had been to Havasupai, the Grand Canyon, Yosemite, Joshua Tree, and Big Sur to name a few- but for some reason this day stocks with me. Blissing out! . . Look back at my two previous posts for photos #4 and #3. And if you’d like to watch all of adventures from this year as they were happening- check out my story highlights!

C A N D I C E(@the_wayward_blonde)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

When planning our build, it was important for us to have as much natural light as we could so we incorporated a skylight in our design. It brightens the kitchen and brings a touch of nature indoors when we're parked in a place such as this one. What many people don't know is that we originally installed two skylights. We had the second one over our bed. Unfortunately, when our solar panels came in, we realized that there was not enough space to fit all six panels up there if we were to keep both skylights. In addition to the skylights, we had to work around the AC unit, the flue for the fireplace and the exhaust pipe for the propane heater. We tried many different variations for positioning the panels but it simply couldn't fit with everything else up there. We weren't willing to have one less panel so the only choice we had was to remove the skylight over the bed. Even with as much planning as we put into our build, there were still things that we had to redo or undo altogether. Those things were both a waste of time and money but very much part of the learning process, being our first time doing anything like this. Believe me, we didn't get everything right the first time but what's important is that we didn't give up. For those of you who are in the middle of a conversion and feel overwhelmed, just remember that persistency will get you to the end. Take a break from it if you need to (we took many) but get back at it when you're ready and keep on going. You can do it! 🧡 #tinyhousetravel #schoolbusconversion #skoolie #tinyhousedesign #smallspacedesign

Going Boundless(@going_boundless)がシェアした投稿 –

日本で有名なバンライフ夫婦

タビワライフ

わたなべ夫婦

相談者

日本でもバンライフを実現させている人がいるんだね!

manami

在宅ワーカーが増えると済む場所にこだわらなくていいもんね。
これからますますバンライファーが増えるかも!!

相談者

でも…家がないって…
やっぱり色々不便なんじゃない?

バンライフは憧れますが、確かにまだハードルが高いです。

ここでおすすめしたいのが、週末だけバンライフ をするという「週末バンライフ」という方法です。

週末バンライフの魅力

本格的にバンライフをはじめるとなると、色々と不便なことや不安に感じることが増えてきます。

仕事はどうするの?
住民票はどうするの?
子どもがいるし…
体調管理できるか心配…

残念ながら今の日本では、バンライフと日常の生活がまだ遠いところにあります。

そこで、『週末バンライフ』を紹介します。
週末やまとまった休暇を使って手軽にはじめられるので、バンライフを諦めていた方も実現できるはず!

週末バンライフのメリット

週末バンライフのすすめ
  • 気軽に非日常を味わえる
  • 旅費の節約になる
  • 行先を自由に変えることができる
  • 生活拠点はあるので保険や郵便物などに困らない
  • 子どもがいても気軽に実現できる

気軽に非日常を味わえる

車中泊すらしたことない方も少なくないはず。

「思うままに自由に旅する」

想像しただけでワクワクしますよね。
気軽に始められるアウトドアのひとつです。

旅費の節約になる

宿を取ろうと思うと結構な出費。

特にファミリーだと家族分の宿代となるので、大きな節約となります。

もしもキャンピングカーをレンタルして、週末バンライフをするにしても宿代と比べるとお得ですよね。

行先を自由に変えることができる

バンライフのいいところは、時間や場所に囚われないというところ。

行き先やスケジュールが決まっている旅行とは違って、自由に思うままに変更可能なのです。

もう少し先も行ってみない?と冒険気分で旅ができます。

生活拠点はあるので保険や郵便物などに困らない

本格的にバンライフをされている方は、実家に住民票をおいたりしているそうです。

自宅という拠点がある上でバンライフをするので、保険、税金の手続きや郵便物なども心配ありません。

子どもがいても気軽に実現できる

大人だけなら何とかなっても、子どもがいると気軽にバンライフ始めよう!というわけにはいきませんよね。
(私自身はそんな生き方もおもしろいと思いますが)

週末だけで実現できるので、ハードルがかなり低いですよね。
色々と旅するのは、お子さんにとってもとてもいい経験になります。

週末バンライフのデメリット

週末バンライフのすすめ
  • 車中泊できる車が必要
  • 車中泊できる場所が限られる
  • 週末だけで行ける場所が限られる
  • 準備と片付けが大変

車中泊できる車が必要

車の中で寝ることが出来るのが条件となります。

しかし、軽自動車でもバンライフをしている方もいるので、布団さえ積むことができれば何とかなりそうです。(笑)

ハスラーで旅をされていた菅原ご夫婦

この投稿をInstagramで見る

旅する2人暮らしの #えりたく夫婦 です。 石川県 #能登半島 を満喫♪ 日本で唯一砂浜をドライブできる #千里浜なぎさドライブウェイ を横断してきました🚙 (ここ、なんと無料で普通に入れちゃうことにビックリ!)  こんな風に、車と海と記念撮影することもできます🏖🚙 砂浜で海ギリギリまで走れるので、楽しいです!! 自転車で駆け抜ける人たちも気持ちよさそうでした〜。でも、走ったあとは要洗車ですね🛁  スワイプ→→2枚目はVLOG つづきはYouTube (@erincology )で。    #石川観光 #車中泊夫婦 #バンライフ #夫婦デート  #ドライブデート #夫婦二人暮らし  #日本一周 #日本一周中 #仲良し夫婦 #夫婦写真 #夫婦2人旅 #車中泊の旅 #車中泊旅行 #くるま旅 #暮らすように旅する #ハスラー #ハスラー旅

菅原 恵利(@erincology)がシェアした投稿 –

車中泊できる場所が限られる

現在の日本では、車中泊していい場所が少ないようです。

道の駅なども「休憩や仮眠はOK」との定義であいまいなところ。

車を停めて泊まっていい場所を、事前に下調べをした方がいいですね。

週末だけで行ける場所が限られる

車だけを使って土日で行ける場所はやはり限られます。

出来るだけ遠くに行こうとすると、ほとんどを移動の時間に使うことになり、疲れるだけになりかねません。

日本各地を回りたい!という目的ならば、叶わないかもしれません…

準備と片付けが大変

普段使用している車を車中泊用にカスタムしようと思うと準備が大変。

寝るだけなら大丈夫ですが、ご飯を作ったり、アウトドアを満喫したいとなれば、準備物が多くなります。

特にファミリーでのバンライフならば、キャンピングカーをレンタルする方が準備と片付けが楽かもしれませんね。

ニッポンレンタカーならキャンピングカーのレンタルもあります!

まとめ

憧れのバンライフ!

週末を使って旅をする『週末バンライフ』なら誰でも気軽に始められます。

今後ライフスタイルが多岐化し、場所や時間にとらわれずに自由に生きる新しい生き方が指示されるようになるでしょう。

色んな生き方があっていいと思います。
人生一度きりなので、自分らしく自分しか歩めない人生を送りたいものです。

この記事が少しでも役に立つと幸いです。

↓↓関連記事チェック↓↓

【アウトドア】車中泊する上であると便利なものまとめ【欲しいものリスト】

【最強のミニマリスト】バンライフという暮らし方【暮らすように旅をする】

ABOUT ME
DIY-FUFU
丹波篠山市に移住したフリーランス夫婦 | 写真・動画・Web制作・デザイン・移住相談 | 篠山で異業種コミュニティ&素敵な空間づくり | 築100年『古民家base ajito』を出店準備中 | YouTube登録者2万人 | ブログ3万PV/月 | ラジオ配信 |