空き家バンクの売買物件を賃貸として利用したくて交渉を試みている話|田舎移住DIY夫婦のブログ
田舎暮らし

空き家バンクの売買物件を賃貸として利用したい! 交渉を試みている話

go

この記事を書いているのはgoです。

2020年現在、僕たちは田舎移住を計画しており、
各市町村の空き家バンクに登録しています。

これまでに不動産屋を巡ったり、
市がやっているお試し移住に応募したりしましたが、
コロナの影響で思うように進んでいません。

manami

今日(5/22)、兵庫県も非常事態宣言が解除されたし、様子を見ながら物件探しを再開しよっか。

空き家バンクには売買物件が多い

go

空き家バンクで物件を探していると、
どうしても売買物件が多いよね

manami

空き家を賃貸として貸し出すより、手放したいっていう人が多いのかもね。

go

住んでみないと、実際にその土地の風土がわからないから、いきなり物件を購入するのはちょっとリスクあるよね。

地方にもよるとは思いますが、
空き家バンクの性質上、
どうしても売買物件の方が多くなると思います。

多少の修繕が必要な物件でも市が一部を補助するので、
空き家を購入して移住しませんか?
というのがねらいなわけです。

賃貸と売買どちらも可の物件がおすすめ

内覧を希望したい売買物件が見つかったので、
市の担当の方に電話をしてみました。

go

◯◯の物件について内覧させてもらえませんか?

◯◯市の担当者

えぇ、大丈夫ですよ。

go

ちなみに、正直言うと、最初は賃貸に住みたいと思っているんです。
他に賃貸物件でいいのが出てきそうな予定ってないですか?

◯◯市の担当者

賃貸をご希望でしたら、
内覧を希望されている売買物件を最初は賃貸契約ってことで交渉してみるのもありかもしれませんよ。
私はオーナーさんをよく知っているのですが、融通がきく方なので、交渉の余地があるかと思います。

内覧の際にオーナーさんにもお越しいただくので、ぜひ相談されてみてはどうでしょうか。

go

なるほど、その発想はなかったです。
では、内覧させてもらったときに相談させてもらうようにします。

交渉はこれからですが、
賃貸・売買どちらも可という物件は
購入者側の選択肢がかなり拡がります。

今回内覧する物件は古いものの、
修繕をしなくても住むには問題ない物件だったので
一年ほど賃貸として住んでみて
気に入れば購入という選択肢もありだと思っています。

暮らしのこれからを変える
地域おこし協力隊員募集中

空き家オーナーとのwin-win関係が理想

空き家は全国的に問題になっています。
色んなタイプのオーナーがいると思います。

・物件を管理できないので早く手放してしまいたい人
・物件の管理はしているものの誰かに住んでほしい人
・物件を手放しなくはないけど賃貸にして
 家賃収入を得たい人
・仲介業者に全部お任せの人  etc…

オーナーと購入者側の双方の気持ちがマッチすれば
お互いにwin-winの関係になれるので、
直接オーナーさんと会う機会を設けられるのであれば
交渉・相談してみるのが一番いいかもしれません。

ちなみに僕たちの希望は

・最初の一年は賃貸として契約してほしい
・多少のリノベーションをさせてほしい
 (基本的には綺麗にするので)
・気に入れば購入させてほしい
・もし購入となれば家賃として支払った分を金額を
 差し引いてほしい

go

どこまで意見が通るかわからないけど、ダメ元で相談してみよう 笑

manami

お互いにwin-winの契約ができればいいね!

まとめ

・安い&修繕補補助が出るので空き家バンクへの
 登録はおすすめ
・いきなり移住というのを躊躇っている方は
 賃貸・売買どちらも可という物件がおすすめ
 (ただし修繕なしでも住める物件である必要あり)
・売買物件でも賃貸としてしばらく貸してもらえないか
 交渉してみるのも一つの手
・オーナーとwin-winの関係が理想であり、
 一方の思いをぶつけるだけでく
 良い交渉ができるよう心がけましょう

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!