ついついスターバックスを利用してしまう心理|田舎移住DIY夫婦のブログ
ヘルスケア

スターバックスの店員に美男美女が多い本当の理由

僕はよく作業したいときにスターバックスを利用します。
お気に入りはカフェアメリカーノかスターバックスラテです。

スターバックスに行くと、
店員さんに清潔感のある美男美女が多いという印象を受けませんか?

今回は顔採用だからでは?というような短絡的な考えではなく、
スターバックスの経営コンセプトに触れた上で、
なぜ店員さんに美男美女が多いかについて述べます。

スターバックスの経営コンセプト

「人々の心を豊かで活力あるものにするために—
ひとりのお客様、1杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」

それが私たち、スターバックスのミッションです。

1996年8月 東京 銀座に日本1号店をオープンしてから、スターバックスは我々のミッションを軸にお客様にとっての”The Only One”として愛されるために「Moments of Connection‐つながりの瞬間‐」を大切にしてきました。
1杯のコーヒーを通じて会話と笑顔が生まれ人と人とがつながる。お客様だけではなく、パートナー(従業員)、コミュニティ(地域社会)ともつながっていく瞬間。
スターバックスは、お客様一人ひとりと向き合う姿勢を大切に、お客様にとって特別な存在でありたいと願っています。

これからも、お客様のサードプレイスとしてより豊かで潤いのある時間を提供し、最高のスターバックス体験をお届けすると共に、コミュニティへポジティブな影響を与え、人間らしさを大切にしながら更なる挑戦を続けていきます。

スターバックス https://www.starbucks.co.jp/

スタバはコーヒーを提供する場所というより、
その時間や空間を提供することをコンセプトとしています。

第三の場所 = サードプレイスという言葉は、
社会学者レイ・オールデンバーグ氏が著した
『素敵な心地よい場所』で用いられていた学術用語で、
スターバックスCEOハワード・シュルツ氏が気に入り、
スターバックスを第三の場所 = サードプレイスと名付けました。

仕事や家庭でもない空間は、
一人で過ごすのにも友人とのおしゃべりにも
「第三の場所」であるからこそのくつろぎや楽しさを与えてくれます。

スタバはそういったサードプレイスを求めている人を
魅せる場所を提供してくれているわけですね。

スターバックスを利用する人の心理

今はどこでも美味しいコーヒーを飲むことができます。
マクドナルドやコンビニは日本中どこに行っても大体の街にありますし、
コーヒーは低価格で高品質なものが提供されています。

この店舗のマックのコーヒーは不味い、
なんてこともあり得ないです。
安心して頼むことができますよね。
しかもそれが¥100程度で飲めるんです。
時代は変わりましたね。

スターバックスはコーヒーがだいたい¥400くらいします。
普通に考えたら街でショッピングをしてて、
「ちょっと疲れたから休憩」となればマクドナルドに入れば
安く済ませることができるんです。
それでもスターバックスを選ぶ人が多いんです。

WiFi環境で作業がしたい人にとっても、
マクドナルドだけでなく、
すかいらーくグループやコメダ珈琲も選択肢に上がるはずです。
図書館に行けばタダで利用できるところもあります。
それでもスタバに行ってパソコンを開いて、
所謂”意識高い系”のような人が多くいるものです。

スタバには中毒性があるように思います。
思いつく理由をまとめてみました。

  1. 店内がオシャレ
  2. メニューが洗練されている
  3. 期間限定のメニューが気になる
  4. 店員さんがイケてて親切
  5. マクドナルドほどワイワイガヤガヤしてない
  6. 落ち着いて勉強や作業ができる
  7. スタバというブランド自体が好き
  8. スタバに来ている人の雰囲気も好き

ファミレスやマクドナルドに行くのとは少し違う
スターバックスに行ってる感を気付かずに味わってるわけです。

スタバの店員さんが可愛い理由

スターバクッスに行くと、
店員さんは揃って美男美女だったり
清潔感に溢れていませんか?

スタバの接客にはマニュアルがないと言います。
それでも店員さんは笑顔でイキイキと働いてて、
カッコいい!可愛い!と思わせられますね。

先述のとおり、
スタバは必ずしもコーヒーだけを提供する場ではありません。
スタバというお店や空間が一つのブランドであり、
そこにいる人にとってのサードプレイスであり、
店員さんもまたスタバのファンなのです。

笑顔の接客になり、
そこから生まれる活気から
お客さんも元気をもらって好循環が生まれています。

「若いイケてる人が面接にくる」とか
「顔採用だから」とか
そういう側面もあるかもしれませんが、
好きな環境で好きな仕事をしている人は
やはり魅力的に見えるものです。

まとめ

晩婚化、フリーランスやノマドワーカーの増加、
インターネット普及により人間関係が希薄化し、
日々の生活の中にどこか”寂しさ”を抱える人も多いかと思います。

昔からイギリスにはパブがあり、
ドイツにはビアホールがあり、
イタリアやフランスにはカフェがあるように、
サードプレイスはいつになっても
人の生活から切っても切り離せないものです。

私たちは知らぬ間にスターバックスが考える
サードプレイスに魅せられて、
日常のちょっとした息抜きのため
スタバを利用しているのかもしれませんね。

スタバがこれからも
私たちの生活に寄り添ってくれるものであることを願います。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!