京都府福知山市のお試し住宅(3LDK・家賃タダ・綺麗)がめちゃくちゃ魅力的で応募した話|田舎移住DIY夫婦のブログ
田舎暮らし

京都府福知山市のお試し住宅(3LDK・家賃タダ・綺麗)がめちゃくちゃ魅力的で応募した話

田舎への移住を検討中

現在、私たちは関西の都市部から
田舎への移住を検討しており、
この1ヶ月ほど物件探しをしています。

理想の家は雰囲気のある古民家で、
築年数は古くてもいいし駅から遠くてもいいので
生活がしやすいような物件を探しています。
DIYや田舎暮らしを楽しみながら、
その様子をYouTubeにあげていきたいと思っています。

また、将来的に子育てをする上でも田舎の方がメリットが多いと考えています。

物件の探しは主に以下の4つのサイトでやってます。

物件探しで使ってるサイト

・大手不動産屋のポータルサイト
・地元不動産屋のサイト
・空き家バンクHP
・市町村の公式HP

市町村のお試し物件

今回は物件探しの過程で 福知山市のお試し物件というのを見つけたので紹介します。
市町村によっては移住者を積極的に迎えたいというところもあって
お試し住宅であったり、公営住宅を優先的に貸してくれるような制度があったりします。
福知山市の公式HPでお試し住宅を見つけましたのですが、
それがかなり好条件でした。

見つけたお試し住宅

・住宅に住めるのは最長1年
・3LDK
・築15年ほどで水回り等もかなり綺麗
・最初の3ヶ月は家賃無料(光熱費のみの負担)
・4ヶ月〜12ヶ月においても家賃数千円
・冷蔵庫や洗濯機が備え付け
・物件は山奥の過疎地域

                                                    (写真はイメージです)

選考への応募

一戸の物件がちょうど退去予定で次の入居希望者を募集していました。
いい物件がなかなか見つからなかったので、
とりあえずの移住先として良いのではないかという結論になりました。
審査があるということなので、早速書類を作成して送付しました。

送付した書類

・申込書
・移住後の計画書(様式は自由)
・免許書のコピー

市の移住プロジェクトの一環ということで、
移住後のプランをまとめたものを提出する必要がありました。
家賃が最初の3ヶ月はタダというかなり優遇された物件ですので、
本格的に移住をしてくれそうな人かしっかり見極めたいのだろうな、と思いました。

私たちはこれを逆手にとって、
この計画書で他の応募者との差別化を図ろうと思いました。

計画書に書いたこと

・YouTubeやSNSを通して福知山移住体験談を発信する
・地域住民と交流の場を大切にする
・何か市の役に立てることがあれば貢献したい

市役所に書類が届いてすぐに担当課の課長さんから電話連絡がありました。
どうやら興味をもってもらえたようで、 発信の内容等について詳細を聞かれました。

これはきたな!とガッツポーズをしました。

選考の結果

半月後に書類選考の結果を受けました。 連絡をくれたのは例の課長さんでした。
最初の声のトーンで選考に落ちたことがわかりました。
電話の中で裏話も教えてくれたのですが、
選考において優遇されるのは子持ちの家族らしいです。
世帯の人数が多いほど市としては移住者が増えてメリットがあるからとのことでした。
「個人的なことを言うと、◯◯さんが一番魅力的だったんですけど」
と私たちにフォローの言葉をくださいました。

市のプロジェクトという目線で言うと以下が選考の基準になるかと思います。

選考の基準

・信頼できる人か(反社会的勢力や前科持ちでないか)
・家族構成はどうか(子持ちなどで人数が多い世帯が優遇される傾向あり)
・お試し移住後に正式に移住してくれそうか

まとめ

今回私たちは残念ながら選考で選ばれませんでしたが、
かなり魅力的な制度だと思いますし、
福知山市だけでなくいろんな市町村で似たような制度があると思うので、
移住を考えられている方でタイミングが合えば応募してみてもいいかと思います。
この記事が参考になれば幸いです。

ちなみに私たちは今後も古民家の物件探しを継続していきます。
運や縁を大事にしているので、今回は縁がなかったと思って切り替えています。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!