Red Wingのブーツはソールを交換して楽しむべき|田舎移住DIY夫婦のブログ
バイク

Red Wingのブーツはソールを交換して楽しむべき

Red Wingを愛用している方は結構多いと思います。
無骨なブーツでアメカジファッションにマッチしますよね。

僕はバイクに乗る時は必ずRed Wingを履くようにしています。
爪先に鉄が入っていて足を守ってくれるので、”カッコいい安全靴”として愛用しています。
男心をくすぐるアイテムで、色んな楽しみ方ができますよね。

Red Wingの楽しみ方

・革の経年変化
・ブラッシングや手入れ
・ソール交換などのカスタム

特に最後のカスタムはおすすめなのですが、あまりやっている人を見ないので紹介します。

私のRed Wing紹介

8166というモデルです。ヴィンテージ物ではありません。いわゆる現行品です。
購入したのは10年以上前で、かなり長い間一緒に過ごしています。

通常は靴底が柔らかいクレープソール素材になっているのですが、私の場合はVibramのソールに交換しています。

ソール交換をするメリット

・見た目がカッコ良くなる
・周りと違うものを楽しむことができる
・より愛着を持つことができる
・ソールが擦り減ってもかかと部分のみ交換可能

カスタムはどこでできるの?

全国にブーツのカスタムショップがあり、ブーツを持ち込んで対応してもらうことが可能です。
ソールの種類はいくつかあるので、店頭で見せてもらうか、HPで閲覧することをおすすめします。
僕の場合は神戸のBECKMANでやってもらいました。工賃込みで¥15,000程度だったと記憶しています。
長年履いているとソール部分だけが擦り減ってきますが、ソール部分のみの交換も対応してくれます。

まとめ

Red Wingのブーツは安い買い物ではない中で、カスタムすると更にお金がかかってしまいますが、僕の場合は、カスタムをすることで値段以上の満足感をえられました。
これからブーツの購入やカスタムを検討されている方はお近くのカスタムショップを探して行ってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!