定額ホテルでテレワーク生活なんていかがですか?|田舎移住DIY夫婦のブログ
ミニマルライフ

新しい働き方 定額ホテルでテレワーク生活なんていかがですか?

ノマドって何?


“ノマド”という言葉が一時期流行りました。
ノマドという言葉自体は「遊牧民」のことを示します。

ある日、高城剛さんがテレビでスーツケースに荷物を詰め込んで
バルセロナを拠点に仕事をしている様子を見て
“これは理想の仕事のスタイルだ”と思いました。

今はネットにPCを繋ぐことができれば
世界のどこにいたって仕事ができるという時代に入っています。
もちろん、業種にもよるとは思いますが。
その中で、場所にとらわれず、好きな場所を選んで
拠点を転々としながら仕事をするスタイルのことを
ノマド生活、ノマドライフなどと呼んでいます。

ノマド生活をする上で
無理に国内に住む必要がなければ
税金や固定費を抑えるために海外に拠点を置くという人も多いようです。
タイのバンコクなんかはその聖地となっていて
多くの日本人が暮らしているようです。

最近はYouTubeの発展により、
現地に住むYouTuberの発信を気軽に見られるので、
仕事や生活ぶりもイメージしやすくなっていますね。
私はでいぜろバンコクさんが好きでよく観ています。

アドレスホッパーって何?


最近は新たに”アドレスホッパー”という言葉も浸透してきたように思います。
ノマドという言葉との使い分けが難しいですが、
私の解釈としては
家を持たず拠点を転々とするその暮らし自体をさす言葉で、
究極のミニマリストなのかと思います。

一箇所に住む場所を固定しないことで
例えば、毎週場所を変えて違うところから出社する
みたいな生活ができるわけですね。

そんな生活できるのか

世の中には色んなサービスがあって、
今は住む場所のサブスクなんかがあったりします。
毎月定額を払って色んな宿を利用できるといったようなものです。

Hostel Life

Hostel Lifeは「ホステルパス」というメンバーカードを持つことで、
全国の提携ホステルに宿泊ができるサービスです。
プランがいくつかあるので、
自分のスタイルにあった選択ができますね。

(1)「多拠点パス」
  一度に予約できる回数が2泊で、多拠点居住者向け

(2)「ホステル暮らしパス」
  予約できる回数に制限がなく、ホステル暮らしや長期旅行者向け

(3)「多拠点シェアハウス」
  シェアハウスに住みながら全国の提携ホステルにも泊まり放題

ADDress

ADDressは全国の提携しているシェアハウスを
月額¥4,0000の固定額で利用できるサービスです。
契約者と同伴であればパートナーの利用料が無料というのが魅力的ですね。
夫婦で利用するのもありかと思います。

HafH

HafHは定額で世界中住み放題というのが特徴です。
日本国内に限らず、世界200拠点が利用できるというのが魅力的です。
利用頻度に応じて、プランが選べるのもいいですね。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!