YouTube

Final Cut Pro X 編集した内容が反映されてない場合の対策方法

go

この記事を書いているのはgoです。

私たちはYouTubeに普段の田舎暮らしの様子や、
購入した物件のセルフリノベーションの様子をアップしています。

go

編集は僕が担当しているのですが、
YouTubeにアップした後に、
「あれ、編集がちゃんと反映されてない」っていう部分がたまにあるんです・・・

僕が辿り着いた答え

・ソフトが重すぎて変更内容が保存できていない
・そもそもPCのスペックが低い

ソフトが重すぎて変更内容が保存できていない

以前に書いた記事を参考いただきたいのですが、
FCPXは容量食いがひどいので、
こまめにライブラリファイルを削除したり
書き出しが完了しているファイルは外付けのHDD等に
保管しておくのがベストです。

FCPXは保存ボタンというのがなく、
編集内容は基本的には勝手にセーブされるはずなのですが、
ソフトが重すぎて上手く保存できていないことがあるようです。

バックグラウンドタスクがいつまでも追いつかず、
グルグルとまわり続けている間にソフトを閉じてしまうと
変更内容の保存が追いついていないことがあるようです。

そもそもPCのスペックが低い

そもそも論にはなってしまいますが、
PCのスペックによるものだと思います。

僕はメモリ8GBのMac Book Proで編集をしていますが、
無理をさせすぎているようです。
本来であれば16GB以上のMacで編集したいところです。

go

うぅ・・・PCほしい・・

っていうことでまとめます。

 解決策

・ライブラリファイルをこまめに削除して
 ソフトが快適に動くようにする
・バックグラウンドタスクが完了していないうちは
 ソフトを閉じないようにする
・PCスペックを上げる

ABOUT ME
DIY-FUFU
丹波篠山市に移住したフリーランス夫婦 | 写真・動画・Web制作・デザイン・移住相談 | 篠山で異業種コミュニティ&素敵な空間づくり | 築100年『古民家base ajito』を出店準備中 | YouTube登録者2万人 | ブログ3万PV/月 | ラジオ配信 |