田舎に移住して1ヶ月が経過 良かったことまとめ|田舎移住DIY夫婦のブログ
田舎暮らし

田舎に移住して1ヶ月が経過 リアルな感想まとめ

go

この記事を書いているのはgoです。

こんな人に読んでほしい

・これから田舎暮らしを考えている人
・田舎移住者のリアルな感想を求めてる人

ちなみに宝島社から出ているこの雑誌。
田舎暮らしのバイブル的な存在です。
私たちもよく読んでます。

田舎に移住しました

セロリ夫婦

私たち夫婦は2020年6月に関西の都市部から
田舎の方へ移住してきました。

そんなこんなでここ1ヶ月はバタバタとしておりました。

・物件の購入→名義変更
・引越し
・市役所、警察署、ハローワークの手続き
・家のセルフリノベーション
・外注リフォームの打ち合わせ
・近所への挨拶まわり
 etc…

購入した築40年の中古物件や、
リフォームの様子は動画に収めて
YouTubeにアップしていってます。
チャンネル登録いただけると嬉しいです。

manami

全然ブログを更新できてなかったね・・・

まだ家にネットが開通していないというのは言い訳になりますが、
スマホしか使えない状態の不便さを痛感しましたね・・・

それでは、移住して1ヶ月が経って良かったことをまとめていきます。

良かったこと

・心にゆとりが生まれた
・ご近所から野菜がもらえる
・渋滞や混雑に遭遇しにくい
・支出が少なくなった

心にゆとりが生まれた

最近は朝散歩をして近所の人にすることから
1日がスタートするわけですが、
都市部に住んでいる時はまわりに人に挨拶することすらありませんでした。
笑顔で挨拶するだけで心が洗われるような気持ちになります。

都市部に比べるとみんなに余裕がある感じで、
例えばマクドナルドの店員さんもそんなに忙しくないのか、
テーブルを拭いてまわりながら
「この席暑くないですかー?」
という具合に気遣ってくれます。

「大丈夫です。ありがとうございます」と答えつつ、
以前住んでいた街ではこんなことなかったな、と思いました。
マクドナルドは
小学生がNintendo Switchをしたり
JKが騒いだり、
朝の時間は戦場になったり、
というイメージでしたが、
移住した街ではそこまで混雑することなく、
みんなが思い思いゆったり過ごしている印象です。

go

ゆったりした環境に身を置くと、自分がいかに生き急いでいたか気づかされます

ご近所から野菜がもらえる

以前住んでいた街では
野菜はもちろんスーパーで購入していました。
が、毎回こう思っていました。

manami

野菜がどれも高い!!

最近はそもそも野菜をスーパーで買っていません。
近所のおっちゃんに貰えるからです。

ご近所さん

おーい、ナスやるから籠もってこーい

こんな感じでいつも有り難くいただいています。
当然作る料理も新鮮な野菜料理になって
自動的にヘルシーな料理をつくることになります。

ある日の昼食には夏野菜カレー。

ある日の晩はビールを飲みつつ、
貰い物の野菜をおつまみに。

渋滞や混雑に遭遇しにくい

車で走っていても、
どこを歩いてても、
混雑というものがないのはかなりストレス低減になります。

たまにスーパーのレジで並ぶくらいでしょうか。

支出が少なくなった

もともとあまりモノを買う方ではないのですが、
移住してきた街にはユニクロや無印でさえ店舗がないので、
お金を使うことがなくなりました。

先に書いたように
野菜ももらうようになったので、
日頃のスーパーでも肉と魚くらいしか買いません。

その分ホームセンターで工具や除草剤を買う機会は増えましたが、
これは初期投資みたいなものだと思っています。

まとめ

田舎と一口に言っても様々ではありますが、
私たちは都市部に比べて田舎の方が肌に合うなーという印象です。

フレッシュな今だからこそ感じる気付きもあります。

今回は良かったことにフォーカスして記事を書きましたが、
これからダメなところも見えてくるかもしれません。
その辺とも上手く付き合いながら田舎暮らしを謳歌したいと思っています。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!