家はタダでも手に入る時代!これからのマイホームとの向き合い方|田舎移住DIY夫婦のブログ
セルフリノベーション

家はタダでも手に入る時代!これからのマイホームとの向き合い方

私は現在、田舎に中古物件を購入して生活しています。
良い選択をしたと思うと同時に、
これまで家を購入することの意義を大きく勘違いしていたように思います。

と言うのも、
空き家問題は深刻で、
特に田舎では土地や家が余っている状況です。
空き家バンクや空き家ゲートウェイといったサービスを使えば
格安もしくはタダ同然で家が手に入る時代です。

今回は現代を生きる私たちにとっての家をテーマに記事を書きます。

新築・35年ローンが当たり前と洗脳されていたサラリーマン時代

家族の大黒柱となり、
35年ローンを組んで分譲地に家を購入する。
それが幸せの形だと思っていた時期が僕にはありました。

と言うのも、サラリーマンだった頃、
周りの同期はみんな結婚すると
35年ローンを組んで一軒家を購入する
んです。

「いつかは俺も」
と心の中で思ってました。

では借入額3000万円、
金利1%でみてみましょう。
(実際土地代を含めると3000万円では家は建たないと思いますが)
35年返済だと毎月8万4685円で、
35年間の総返済額は約3557万円。

35年間返済し続けるとなると
なかなかのインパクトですね。

結局その後、
紆余曲折あって私は会社を辞め、
今後のことを考えた結果、
嫁さんの実家近くの田舎に引っ越すことにしました。

そこで気がついたのですが、
周りを見渡すとお爺さん・お婆さんが家・土地を持て余しているわけです。

喉から手が出るほど欲しかった土地と家。
人生をかけて多額の借金を35年でせっせと返すことを想定してたのに、
場所によっては余ってるんですね。

「空き家問題」というのを耳にしますし、
社会問題となりつつあります。

以前にこういったツイートをしました。

空き家を購入すれば
割と楽にマイホームを手に入れることができ、
条件が合えば貯蓄の範囲内で購入できるレベルだったりします。

35年ローンってなんだったんだろう・・・
と今になって思うわけです。
ある意味洗脳されていたのかもしれません。

「メキシコの漁師の寓話」から学ぶこと

有名な寓話があります。
—————————————————————————–
メキシコの海岸沿いの小さな村を、
アメリカ人エリートコンサルタントが訪れました。

波止場に止めてある漁師の船を見ると、
黄色い背びれを持つ活きのいいマグロが獲れています。

そのアメリカ人コンサルタントはその船の漁師に尋ねます。

「その魚を釣り上げるのにどれくらいかかったのですか?」

メキシコ人漁師は答えます。

「数時間くらいかな。」

「なんでもっと長く海に残って、もっと魚を獲らないんですか?」

「家族が必要としている分があればそれでいいのさ。」

「では、仕事以外のときは何をして過ごしているんですか?」

「遅くまで寝て、魚を少しばかり獲って、
子どもと遊び、妻のマリアと一緒にゆっくり昼寝をして、
夕方頃には村に散歩に出て仲間たちとワイン片手に
ギターを弾いて楽しむね。本当に充実した毎日だよ。」

それを聞いて、コンサルタントは鼻で笑いながら言いました。

「私はハーバード大学を卒業してMBA(経営学修士)を
取得したコンサルタントです。そこであなたに助言をしましょう。
まず、あなたはもっと漁をする時間を長く取るべきです。
そして、大きな漁船を買ってください。
そうすれば、もっと魚を取ることが出来て、
さらに多くの船を買うことができますよ。
最終的には大きな漁船団を手に入れることが出来るでしょう。」

「また、仲介業者を挟まずに獲れた魚は加工業者に直接出荷しましょう。最終的には自分の加工工場を作ることが出来るでしょう。
製品、加工、流通に関してすべて自分でコントロールできるようになりますよ。」

「そしたら、こんな小さな漁村を離れてメキシコ・シティに移り、
その後ロサンゼルスに、最終的にニューヨーク・シティへ進出するんです。あなたの大きくなった会社を経営できるようにね。」

それを聞いた漁師は、コンサルタントに聞きます。

「で、それはどれくらいかかるんだい?」

「15~20年くらいですかね。」

「じゃあ、その後は?」

コンサルタントは興奮気味に答えます。

「ここからが最高ですよ。あなたの会社を株式公開して、
自社株を大々的に売り出すんです!あなたは巨万の富を手に入れ、
一躍億万長者に成り上がるのです!」

「巨万の富か…それで、次は?」

コンサルタントは満面の笑みで答えます。

「そしたら、大金を持って早期リタイヤですよ!
あなたの好きなことがなんでも出来るんです!
遅くまで寝て、魚を少しばかり獲って、子どもと遊び、
妻のマリアさんと一緒にゆっくり昼寝をして、
夕方頃には村に散歩に出て仲間たちとワイン片手に
ギターを弾いて楽しんだりできるでしょうね!」
————————————————————————————

どうでしょうか。
この寓話色んな解釈ができると思うんです。

今のままのスローライフで十分幸せ。
一生懸命に上を目指しても
その先に手に入れられるのは今と大して変わらない。

その逆の意見もあると思います。
結果的に幸せなのは変わらないかもしれないが、
一生懸命やることで人間としての幅が広がり、
富を得ることで新たな幸せに触れるかもしれない。

私は個人的にはこの両方の考えのバランスが
大事だと思ってます。

私はこれを”2極のわらじ”と命名しているのですが、
“今”を大事にするスローライフ的な感覚と
将来をよくするために社会に揉まれつつ上を目指す姿勢は共存できると思っています。


2つの考え方は極端かもしれませんが
両足に履くことでバランス感を持った人生を送ることができると考えるのです。

バランス感を持って考えた結論が「田舎に移住して家を購入しよう」だった

家の話に戻ります。

つまりこの記事の中で何が言いたいかと言うと、
私のサラリーマン時代のように
「新築・35年ローンで家を買うぞ!」と
張り切ってガツガツ頑張るのも良いですが、
それだけでは疲れてしまいます。
家を買うことが目的になってしまうと、
ふと我にかえった時に道を見失いそうです。

かと言って、
一生賃貸でいいやーとか、
端から向上心がないのもどうかと思います。

私の場合は家を買うことが人生の目的ではないけど、
やっぱりマイホームは欲しいということで、
無理のない範囲で一軒家を買っちゃおう。
ということになりました。

家自体は格安で購入できたのですが、
リフォームに400万円ほどかかっています。
2人の貯金でなんとか賄えるレベルにはおさまりました。

業者さんのリフォームに加えて
自分たちでセルフリノベーションをしているので
自分たち好みの空間に仕上がっていっています。
決して妥協したわけではありません。
快適に生活できていて幸せです。
格安で家を手に入れることができ、
以降の固定費もガクッと下がって生きやすくなりました。


前述のように”2極のわらじ”の
バランス感を持って考えることが大事で、
快適な居住空間は絶対欲しい!
でもお金はそんなに使いたくないよなー!
ということで考えた結論が田舎への移住でした。

一度考えをニュートラルにしてあれこれ調べていると
田舎であれば自分たちでも無理なく家を購入できたのです。

日々勉強するしかない

親の世代が言うことはあまりあてになりません。
というのも時代が大きく違います。
男は家族を持ったら一軒家なんて時代遅れですし、
今となっては貯金は金利がつかない悪の投資先ですし、
将来は隠居暮らしなんて若い世代は言ってられません。
時代が違うので生きる上の戦略は大きく変わってきます。

そのためには日々勉強していくしかないですよね・・・
様々な状況を打破するには「よく学んでいること」が大事です。
残念ながら社会では親や学校から学んでないところで
差がつくようです。

家がまさにそうです。
35年ローンで家を購入しようとするその手を止めて、
その気になって勉強してみれば世界は変わります。

不動産に関する本を3冊以上読んだり、
空き家問題についてよく調べれば、
マイホームについての考え方は結構変わってきます。

空き家バンクで探せば貯蓄の範囲内で買えそうな中古物件はあるし、
空き家ゲートウェイでは100均物件なんていう面白い物件もあります
(100円 or 100万円の均一価格です)

田舎に移住してみれば肌を持って実感できますが、
空き家問題は深刻で、
タダ同然で譲ってもらえるような物件は山のようにあります。


SNSなんかをみていると
色んな面白い人がいます。
不動産投資家をフォローしてみるのがおすすめです。

不動産投資家の中にはタダで物件を貰ったり、
逆に現金をもらってボロ物件を引き取るなんていう強者も。

ポールさんなんかは見ていて面白いです。
こういう生き方もあるのかと。
書籍も出されてます。

2極のわらじを履いて
バランス感を持った考えをするためには
それ相応の勉強や経験が必要ということですよね。

まとめ

家を買うことが人生の大きな目標という方には大きなお世話なのですが、
時代背景とこれからの人生を考えて家の購入は慎重に行いましょう。

インターネットが使えない地域なんてほとんどないし、
Amazonを使えば明日にはモノが届くし、
テレワークが普及して
必ずしも都会でサラリーマンをしなくてもいい時代です。

新しい価値観とバランス感を持って
いまいちど「住」について考えてみてください。

この記事が何かの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
田舎移住DIY夫婦
パートナー2人(goとmanami)でこのブログを運営しています。 夫婦で仕事をしながら協力して生活する"夫婦ユニット"の生活スタイルを実践中。同じように夫婦で頑張る人を応援します!