家庭菜園

マキタの充電式草刈り機(18V仕様)を購入したのでレビュー

マキタのバッテリー駆動の草刈機がずっと気になっていました。
同じように気になっている方多いのではないでしょうか。

田舎に移住してきてからというもの
定期的に自治体での草刈りイベントがあったり
日々の生活でも手作業では到底対処できないレベルで雑草が生えたりするので
草刈り機に必要性を感じていました。

マキタの草刈り機がいいな、と思った理由としてはこんな感じです。

  • makita(マキタ)ブランドの安心感
  • 他のmakita製品とバッテリーの互換性あり
    →工具類とバッテリーの使い回しができる
  • たまにしか使わないのでバッテリー充電式の方が手軽で良い
    (草刈りのためにガソリン等を用意するのは手間がかかる)
  • 電動なので静音性が高い

農家さんのようにガッツリ使う機会はあまりないので
とにかく手軽にサクッと使えそうということで充電式にしようかな、と考えました。

実際に購入したのでレビューをしていきます。

マキタの充電式草刈機といってもラインナップが結構ある

調べてみるとマキタの草刈機の中でも
色んな草刈機がラインナップされてます。

マキタの公式HPのカタログを見てもらうとわかりますが
「うわ、結構あるやん・・・どれを選べばいいの?」となります。

マキタの充電式草刈機の選ぶときに考えるポイント
  • バッテリー仕様が14.4V、18V(1個使いor2個使い)、36V、40Vmaxのどれを選ぶか
  • ハンドルの種類をどうするか

この2つのポイント以外にも種類が細分化されてますが
ごちゃごちゃしてて分かりづらい!笑
僕はこの2点を考えておけばいいかと思います。
詳細気になった方はマキタの公式HPのカタログチェックしてみてください。



まず初めに迷うのがバッテリー仕様ですね。

36Vはパワフルに使えますが
この辺のシリーズって耕運機とかチェーンソーとか
あまり普段使わないものが多くて
バッテリー共通化できるメリットが少ないような気がするんですよね・・・

40Vmaxは最適給電・最適充電のスマートシステムですが
新しいものには目が引かれるものの高価すぎる。

その点、18Vはマキタの主力シリーズだけあって
インパクトや電鋸をはじめとしたラインナップが豊富
バッテリー共通化のメリットが大きいです。
最終的に僕はこれを選びました。

マキタ総合カタログより



14.4Vは確実にパワー不足なので今回は避けました。


次に決めるのがハンドルの種類。
いくつかあるので用途に合わせて好きなものを選びます。

マキタ園芸商品カタログより


これについては好みの問題です。
僕の場合はオーソドックスなUハンドルにしました。

購入したのはMUR190UDRG

最終的に選んだのがこれです。

上記のMUR190UDにバッテリーがついたセットです。
バッテリー込みで4万円ほどで購入しました。

組み立ては説明書を見ながらやりましたが
10分もあれば組み上がるような簡単なつくりです。

使ってみた感想

届いた日にさっそく使ってみました。
その日のツイートです。

マキタの充電式草刈機を使ってみた感想
  • エンジン式に比べてめちゃくちゃ静か
  • 燃料を買いに行かなくていいので楽
  • 電力maxで使った場合40分ほど使用できる
  • 普段使ってるエンジン式に比べてちょっと非力

バッテリー1つでは40分ほどしかもたなかったので
替えのバッテリーは絶対にあった方がいいと感じました。

また、これはわかってはいたことですが
ちょっと非力感は否めませんでした。

僕が普段使うには十分すぎますが
ガツガツ草刈りしたい場合などには18Vでは弱いかもしれません。

おおむね満足の内容でした。
手軽に使いたい人にとって最適な商品だと思います。
音が静かなのもいいです。



ABOUT ME
DIY-FUFU
丹波篠山市に移住したフリーランス夫婦 | 写真・動画・Web制作・デザイン・移住相談 | 篠山で異業種コミュニティ&素敵な空間づくり | 築100年『古民家base ajito』を出店準備中 | YouTube登録者2万人 | ブログ3万PV/月 | ラジオ配信 |